借金や過払い問題は一人で悩んでも解決できません。専門の業者へ無料相談を行ってみましょう。

借金や過払い問題、債務整理などでの無料相談をする

借金問題や過払い金問題を自分で調べることは難しいです。無料の相談を利用しましょう。

借金問題を抱えている方は実に多いです。自分で借金を作ってしまった方が殆どですが、保証人問題も多々あり自己破産をする訳にはいかない方もいます。ただ、自分一人で考えても先に進むことは中々できません。家族がいればなおさらだと思われます。

 

 

ただし、知識があれば解決できる方法もあるため、毎月の借金返済に追われている生活をそろそろやめてみてはいかがでしょうか?

 

 

借金や過払い問題、債務整理などでの無料相談をする

 

 

【解決までの流れ参考】

  1. 債権状況の確認と受任手続
  2. 受任通知を各債権者へ発送   ←ここでストップです
  3. 引き直し計算債権額(借入れ残高)を確認
  4. 和解案を各債権者へ提示
  5. 和解書を格債権者と取り交わし
  6. 支払いを開始

 

 

意外と簡単に債務整理は可能ですが、債務整理にも種類があります。自己破産をしなくても他の方法があるので財産を全て無くさなくても良い方法もあります。債務整理は状況により異なるため最善策は自己判断よりも専門家に依頼するべきでしょう。

 

 

弁護士に依頼した場合は費用が発生しますが、無料相談を利用することで何をすればいいのかが解ってくることもあります。自分が知らないだけで、債務整理のプロ集団はほとんどの相談を解決に導く力があります。

 

 

借金問題を弁護士に相談した後に借金取立てを中止させることが出来ることをご存知でしょうか?借金をしてしまって支払い能力がなければ、自分の生活も不安定となり生きる気力も失うものです。

 

 

借金の免税や減額となる場合や、不当な利息などをカットできたりと相談するだけで解決方法を導くことも出来ます。業者によっては裁判所を利用したり、自宅まで押しかけるケースもありますので困っていたらとにかく相談をしてください。

 

 

借金や過払い問題、債務整理などでの無料相談をする

 

 

匿名の申込みも受け付けている企業がありますのでここに紹介しておきます。公式サイトにも書かれていますが、初回相談は無料となっていて土日の対応もあります。定期的に無料相談会なども実施されており幅広く活動されている企業になります。

 

 

メール相談の他にも無料相談申込みフォームがあり、メールアドレスを持っていない方でも対応が出来るようになっています。匿名となっていますが、苗字だけでも入れたほうが解りやすいと思います。とは言え、できるだけ詳細情報を記入したほうが具体的なアドバイスにつながるため基本的なことは入力しておきましょう。

 

 

最近では過払い金を取り戻せるケースが頻繁にあり、長期間の借入れや借入れを増額している場合に過払い金返還請求をされる方も多くなっています。多重債務に陥っている場合にも減額が可能なので債務整理に強い弁護士に相談することをお勧めします。

 

⇒ 債務整理の無料相談、東京ロータス法律事務所

自己破産の前に過払い金があるのか調べてみる。過払い返還請求とは?

自己破産の前に過払い金について調べることも一つのポイントです。当事者であれば自分が支払ってきた金額が解ると思うので、毎月の支払いと期間を計算してみることをお勧めします。

 

 

長期間に渡って借入金の返済をしている場合や、何度も借入れを繰り返している方には非常にメリットがあります。いわゆるグレーゾーン金利といわれる問題です。

 

 

借金や過払い問題、債務整理などでの無料相談をする

 

 

テレビやラジオなどで盛んに過払い金の問題が取り上げられていますので、解り切っていると思いますが、いまだに多くの方が知らないまま支払っている現実があります。
※ヤミ金問題は当サイトでは取り扱いませんが、違法貸付なのでそもそも法に触れており論外です

 

 

これまで貸金業者の殆どは、貸金業法で定められた29.2%を上限近くに設定し、利息制限法の上限を超えて請求していました。この差額が過払い金といわれ払いすぎているお金です。法律が整備され、過払い問題は解決に向かっていますが、自分から請求しなければ返ってきません!

 

 

返還を求めるには、弁護士などに依頼をすることで解決できます。個人で解決をしようとしても応じて頂ける企業はいないと思われますので、専門の弁護士に依頼をするとよいと思います。基本的に過払い金が「あるのか」「無いのか」の調査は無料で出来ますが、貸金業者と交渉する場合は費用が発生します。支払いは過払い金から支払われるため、費用の発生はないと考えてよいです。

 

 

ここまでの説明はメリットしかありませんが、実は大きなデメリットが存在します。それはブラックリストに載るかもしれません!信用情報機関に名前が出ればブラックリストに名前が載る可能性があります。
信用情報機関の詳細記事はこちら⇒ ブラックリストと官報は違います。金融ブラック

 

 

ブラックリストに載るということは、新しく借入れを行うことが難しくなります。しかし、借入金を全額返済していれば過払い請求をしてもブラックリストに載ることはありません。お解かりのように、返済途中だとブラックリストに載りますが完済していればブラックリストには載らないのです。

 

 

最終的にご自分の生活を圧迫しているのであればブラックリストに載る覚悟も必要でしょう。ブラックリストとなった場合でも5年程度経過すれば、新しくローンやクレジットが使用可能になるため、迷っている方はできるだけ早く行動をされたほうがよいでしょう。借入額が低い場合は全額返還した後、行動に移す方もいるようです。過払い返還請求をもっと詳しく知りたい方は下記記事が参考になると思います。

 

⇒ 貸金業法で多重債務者を守る