奨学金破産が学生を苦しめる理由

学生が奨学金で自己破産する理由と負の連鎖

学生奨学金による自己破産が社会問題化している本当なのか?

学生奨学金による自己破産者が多くなっていると社会問題になっています。メディアでは大きく取り上げられており心が痛む現実があるようです。

 

大学に通うには高い学費が必要です。実は日本は世界の中でも学費が特に高いため学生自己破産はあり得る話です。将来の夢が強ければ日本学生支援機構などからお金を借りることは正解だと思います。しかし、返せなければ自分の人生を圧迫するためよく考えて借りなければいけません。

 

 

学生が奨学金で自己破産する理由と負の連鎖

 

 

メディアによると奨学金を借りた人や親族が5年間で自己破産した数は1万5千件にもなるそうです。少し多いと感じましたが、気になることがあります。それは本人が自己破産をすると、親や親族に支払いが請求されるため数値にはずれがあるのではないか?と言った疑問があります。

 

 

奨学金を借りている学生は思いのほか多く2人に1人が奨学金制度を利用しています。将来の目標のため進学校では大学進学を勧めることが多いそうですから、知らず知らずのうちに借金を抱える方もいるようです。基本的に奨学金は返さなければいけませんが、返済義務を知らない学生がなんと2割もいるそうです。

 

 

学生が奨学金で自己破産する理由と負の連鎖
※データは日本学生支援機構からの転載になります

 

 

この時点でどうなのかな?と思うところですが、お金を借りたなら返さなければいけない義務があります。ただ間違った方は、第一種と第二種の勘違いがあるかもしれません。しかし、私も経験がありますが無利子は成績が優秀でなければいけないため通常無利子で借りることはできません。学生といえ自分に甘い方が多いようです。

 

 

日本学生支援機構の奨学金の種類

日本学生支援機構の公式サイトにも書かれいるとおり、利息が付くタイプと付かないタイプがあります。入学時にはお金が別に必要になることが予想されるため入学時特別増額という制度も設けられています。

 

 

第一種(無利息)の場合は「特に優れた学生及び生徒で経済的理由により著しく修学困難な人に貸与します」とあり、国内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)に在学する学生となっています。返還方法は前年の所得に応じて返還額が決まり、毎年の所得に応じて返還月額が変わるため返還期間は定まりません。

 

 

第二種(利息が付くタイプ)の場合は、「第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された人に貸与します」とあります。対象者は変わりませんが、利息が年3%を上限とする利息付がつき、5種類の貸与月額から返還方法を選択できます。

 

 

 

学生が奨学金で自己破産する理由と負の連鎖
※遅延者は年々減っているようです

 

 

決まりごとなので仕方がありませんが、奨学金の延滞金には5%の利率がかかることになっています。過去には10%となっていたことから恐ろしい数値です。さらに年収300万円以下の方は返還猶予を5年から10年に延ばす対策も行われています。しかし自己破産者はなかなか減少しないようです。さらに追い討ちをかけるように大学を卒業できても非正規雇用の職業枠しかなく自分が生活するのも難しい方が多いそうです。まさに悪循環です。

 

 

奨学金破産一歩手前の遅延はなぜ発生したのか?

奨学金破産の前に奨学金を返せなくなった理由があるはずです。その理由は家計の収入が減ったことが第1位となっています。人生は何が起こるかわからないため想定していたようには進まないものです。遅延が継続している理由は本人が低所得だからという理由が67.2%をしめています。厳しい現実があるように思います。

 

 

学生が奨学金で自己破産する理由と負の連鎖
※延滞が始まった理由(日本学生支援機構からの転載)

 

 

学生が奨学金で自己破産する理由と負の連鎖
※延滞が継続している理由(日本学生支援機構からの転載)

 

 

ただ興味深いデータもあります。延滞者と無延滞者の統計で「返還期限猶予制度をどこから知ったか?」という問いに対して無延滞者は奨学金を借りる前から殆どの方が返還期限猶予制度のことを理解しています。さらに上記でも触れましたが、「返還義務を知った時期」は申込み手続を行う前です。明らかに自分の落ち度がここにあるように思います。とは言え自分の判断だけでは難しく親の責任は大きいと思います。

 

 

学生が自己破産をすることは可能だが親や親戚に迷惑がかかる多重自己破産

学生が自己破産をすることは可能です。簡単に自己破産を促すような記事もインターネット上にあるため気をつけてほしいことがあります。それは保証人の問題です。
本人が社会人という想定で話しをしますが、学生の頃に借りた奨学金には保証人がついています。親の場合はまだよいのですが、親族や知り合いが保証人になっている場合はその方へ請求が行きます。

 

 

自己破産をされる方はよく考えてください。
また、あらかじめ自己破産をすることを保証人に話せる環境であれば話すべきだと私は思います。話した後に、もしかしたら残金の精算をしてくれるかもしれません。最終的には保証人に請求がきます。残金が大きければ難しいと思いますが、マイナビのデータでは返済額平均は288万円で完済まで16年という数値が出ています(参考値です)これは残金ではなく借りたお金の平均なのでこの数値から減っているはずです。

 

 

仮に300万円とすれば新車を1台買うのと同じなので、もしかするとお金を立て替えてくださる方がいるかもしれません。
甘い期待だとは思いますが、学生の自己破産はこれから自分が生きて行く過程において大きなマイナス要因です。クレジットカードも持つことができません。新社会人を想定するならばクレジットカードは必要不可欠ではないでしょうか?

 

 

本当に自分が自己破産すべき環境なのかしっかり確認をした上で決定してください。