自己破産は裁判所判断で免責を受けなければいけません。

自己破産が認められないケースがある ギャンブルや浪費

自己破産をしたくても認められないケース ギャンブルや浪費

自己破産をしたくてもギャンブルや浪費の場合は裁判所に認められないケースがあります。
ただし裁判所(裁判官)の判断によるものなので、一概にギャンブルや浪費がNGだとは言い切れません。
内容によっては免責を受けることができ、自己破産も可能になります。

 

 

自己破産が認められないケースがある ギャンブルや浪費

 

 

自己破産では弁護士に相談することが何よりの解決方法です。
これは間違いありません。
知り合いの弁護士がいればそれが一番なので探してみるのも一つの手ですが、弁護士なら誰でも良いわけではありません。
債務整理に強い弁護士に限ります。正直なところ、債務整理の経験が少ない弁護士は自己破産すらできない場合がありますので気をつけてください。手順があり間違ってしまうと元も子もありません。

 

 

  • 借金の原因がパチンコや競馬、競艇などのギャンブルの場合
  • 自己の浪費が原因で支払いが回らない場合(買い物や旅行も含む)
  • お金を借りたときに虚偽の書類提示や偽造などを行っていた場合
  • 過去に自己破産をしていた場合(7年以上経過している事という規定がある)

 

 

大まかにこのようなことが上げられると思います。 心当たりはありますか?
この場合においても具体的に金額が決まっている訳ではありません。給与の3分の1を超えてギャンブルを行っていた場合は自己責任のため自己破産ができる可能性も低くなりますが、自分の生活もあるためそのような方は稀だと思われます。

 

 

おおよその方はギャンブルに没頭し、生活費が無くなり、消費者金融から一時的にお金を借入れる事になり、続けているうちに返済能力が無くなるパターンが多いように思います。
また、この域に達した時に、皆さん悩み始めて恐怖と戦うことになります。
すでに冷静な判断が出来ていませんので、とにかく弁護士に相談することが先決です。

 

 

借金を自分で作ってしまった方は、特にそのサイクルから抜け出さないとどんどん借金が膨らみます。
精神状況が異常なため誰かに話すことをお勧めします。必ず相談してください。
自己破産の他にも債務整理の方法はあり、土地や住宅を持っている方でも必ず解決方法が見つかります。
弁護士費用は分割も可能ですし、無料相談も行われているのでこれを使わない手はありません。

 

⇒ 債務整理の種類はこちらへ

資産を故意に隠すと自己破産出来ないケースがある 親族への名義変更など

自己破産を考えている方にありがちなのは、資産が底を付いてしまうことが予想され、親族などへ資産の名義変更を行うことです。

 

例えば、住宅や土地などになります。
自動車や他の権利物に関しても同様のことが言えます。

 

 

自己破産が認められないケースがある ギャンブルや浪費

 

 

大きなお金を動かす方も一つ間違えば資産を失うことがあります。
お金が無く借り入れを行うケース以外にも、様々なことが考えられます。

 

 

  • 保証人になったばっかりに・・・
  • 会社の経営が上手くいかず自分の資産を担保にしていた
  • 親族の不幸がきっかけとなり人生が狂った
  • 離婚により資産を分配し、養育費用の捻出に困る
  • 投資で失敗し大きな損失を出してしまった
  • 騙されて大きな借金をしてしまった

 

 

財産を隠し自己破産をすることは「破産法252条1項」により隠ぺいとみなされます。
隠ぺいとみなされた場合には、免責不許可になり自己破産も出来なくなります。
現在、そのような状況の方はすぐに弁護士に相談した方が良いと思います。自分で考え、答えを出したと思いますが、自己破産が出来なければ困る方もいると思います。

 

 

さらに、悪質な隠ぺいとみなされた場合には詐欺破産罪(破産法第265条)により、刑事裁判になる恐れもあります。
そうなった場合には懲罰もあり得ます。
そもそも返さなければいけないお金なので隠ぺいすることが間違っています。
どんなに苦しい状況でも、法治国家の日本では仕方がないことです。

 

 

借金の際に債権者を騙す行為は自己破産ができない

お金を借り入れる際に、債権者を騙す方がたまにいます。
このようなことを行っている方は、自己破産ができません。初めから虚偽行為になるため論外の話です。

 

 

  • 他人名義で借入れを行っている
  • 帳簿や書類などを捏造し、業績が好調であるかのように見せかけている
  • 自己破産の際に債権者リストの虚偽報告をしている
  • 裁判所による質問や説明に虚偽の報告をしている
  • 弁護士や司法書士に虚偽の説明をしている

 

 

自己破産は自分の借金を帳消しにしてくれる便利な行為だと勘違いしている方がいます。
そうではありません。

 

 

自己破産は基本的に1回しか出来ません。
その1回のチャンスを生かして、次の人生を歩むために用意されている行為です。
便利ツールのように考えている方が世の中にはいますが、そのような方は自己破産をしてもまた同じような人生を歩む可能性が高いと思います。
同じことを繰り返さないためにも自分の努力が必要だということを忘れないようにしてください。

 

 

参考のために書いておきますが、既に自己破産を行った方が2回目の自己破産を行うことが許されているのは7年後からです。
2回目の自己破産は難しいと言われていますが、専門の弁護士と打ち合わせをすることで可能になるケースもあると思います。ただし、甘い考えはせず自分の新しい人生のため最善を尽くしましょう。

 

 

相談費用が無料!

弁護士に相談しただけで通常は費用がかかるのですが、何度相談しても無料の弁護士事務所があります。
それは、そうや法律事務所です。

 

自己破産,借金,ギャンブル

  • 24時間受付OKで全国に対応している弁護士事務所
  • 相談料が無料(電話・メール受付可能)
  • 債務整理に強い企業なので迅速に対応可能
  • 実績豊富で粘り強い交渉ができ有利な解決が出来る
  • 成果報酬は分割で支払うことが可能(手持ちの費用が無くてもOK)
  • 費用や料金が明確に表記されている
  • 初期費用は0円で即日対応も可能

 

 

▼ そうや法律事務所の問い合わせ窓口

 

フリーダイヤル: 0120-467-018

 

公式ウェブサイトで詳細を確認: そうや法律事務所

 

※本人以外からの借金相談や個人間の借金などについては基本的に債務整理対象外です。
ご本人様が納得するまでしっかりと説明をし進捗状況の連絡もこまめに行います。
お電話がつながりにくい場合は、2分〜3分程時間を空けて再度お問い合わせください。