借金の取立てに悩まず相談をしてください

借金の取立てに悩んでいるなら即相談です

借金の取り立てに悩むなら即相談しましょう

借金の取り立て行為は、正当な理由がない限り禁止されています。

 

借金をしてしまい返済が遅れがちになってしまうと、業者から連絡が来るようになります。
ましてや悪質な業者の場合はかなり酷い場合がありますが、ある程度大手の業者であれば返済について相談に乗ってくれます。正直に話すことをお勧め致します。

 

 

借金の取立てに悩んでいるなら即相談です

 

 

しかし、返済できるような金額でない場合は自己破産も視野に入れて弁護士に相談してください。
手元にお金が無く、生活もままならない場合は検討されたほうが良いかもしれません。
借金を踏倒そうとしても踏倒すことは殆ど出来ず、現実を知ってください。
参考記事⇒ 借金の踏み倒しは本当に有効な方法なのでしょうか? 

 

 

借金の取り立ては法に基づいて行わなければいけません。
貸金業者の取立てで悩まれていると言うことは、大手の貸金業者ではなく少々危ない方面の消費者金融などから借り入れている場合が多いと思われますが、借金でいつまでも悩んでいるのであれば相当な精神的苦痛を伴っていると思われますので、自分自身も不安定だと考えてよいと思います。

 

 

いつまでも自分一人で考えていても何も解決することは出来ませんので、法的手段を使って問題を解決されてください。解決する策は必ずあります。
借金催促通知などをそのままにしていると、貸金業者も金額によっては給与差し押さえなどをしてきます。
裁判所からの通知書を無視したので自業自得だと思いますが、額によっては自己破産を検討されたほうが良いでしょう。
また別の記事に借金の時効は5年についても参考になるかと思います。

借金の取立てにもルールがある

お金を貸した側にも借金の取り立てルールがあります
※貸金業規制法21条第1項の取立時の禁止行為

 

 

借金の取立てに悩んでいるなら即相談です

 

 

これを守らないと法を犯したことになり警察沙汰になる場合もあり最近では行われない傾向にありますが、お金を借りる場所(業者)によりいまだに守られていない場合があります。
そもそもお金を返せない側の問題がある事もお忘れなく。

 

 

  • 脅迫や嫌がらせによる取立て行為
  • 勤務先への電話やファックスを正当な理由が無いのに行う
  • 債務者等の住居や会社を訪問する事
  • 債務者の個人情報を回りに口外する行為
  • 他の金融機関から借り入れて返済をさせること(自転車操業など)
  • 保証人とは違う人から返済させようとする行為(親族や同居人など)
参考記事⇒ 自己破産の手続き期間は最短で3ヶ月程度

 

 

また債務者が弁護士などへ債務整理を依頼した後に貸金業者へ通知が行われます。
その通知が届いているにも関わらず嫌がらせや不当行為をすることも禁じられています。
上記の内容などに違反すると貸金業者は罰を受けることになりますので通常の貸金業者では行われていません。

 

 

実際にはこの辺りに問題が発生する訳ですが・・・・
この辺りは債務整理に強い弁護士に相談をしておけばアドバイスなどを頂けます。

借金返済を銀行に相談することのメリットとデメリット

借金返済のため近所の銀行や信用金庫などの金融機関を訪れる方がいます。行動として間違っているわけではありませんが、よく考えてみると失敗している方が多いことに気が付くはずです。

 

 

目的は借金を返済することですが、金融機関が債務者の肩代わりをするはずがありません。担保になるようなものがあれば話は変わりますが、リスクが高い借り換えを金融機関が引き受けるとは考えにくいです。銀行の審査基準をクリアーすればその限りではありませんが、一般的に難しいと考えられます。現実は担保がなければ難しいでしょう。

 

 

借金の取立てに悩んでいるなら即相談です

 

 

仮に銀行審査に通過したとしても返済する利息が結果的に増えることも考えられます。その他にも、高金利返済を1本化することに成功したとして、借入金が大きくなるわけですから返済期間が長くなることが考えられます。また返済を完了した貸金業者から新たにお金を借り入れることも可能になる場合があり、借金に対して意思の固さも必要になります。最終的には本末転倒になる場合も考えられるためよく考えて実行しましょう。

 

 

一括返済をした業者に過払い金があればそれも合わせて返済することになる点にも注意が必要です。長い間過払い金が発生しているようであれば専門の弁護士にまずは相談しておくことをお勧めします。

 

 

銀行から借り入れている人はメリットがある?

銀行からお金を借りている方だけのメリットもあります。通常銀行からお金を借り入れるのは、住宅ローンや自動車ローンになると思います。銀行も調査をしたうえでローンを提供していますが、状況により支払いが困難になる方もいます。この場合は借入先の銀行に直接理由を説明することで、何かしらの方法を提供してくれることがあります。

 

 

銀行もお金を回収できなければ、業績に悪影響となるため相談に乗ってくれます。中には担保価値が高いため騙そうとする方もいますので気をつけましょう。今後の銀行との関係が気になる方は、専門弁護士に相談をすることで改善策がみつかると思います。債務整理をするにも行動力が必要になりますが、自分のためなので最後まで頑張りましょう。

 

 

⇒ そうや法律事務所は相談料が無料です

 

 

銀行系カードローンは最悪なのか?

消費者金融ではなく、銀行傘下企業からお金を借り入れている方も多いと思います。安心できるかのように誤解している方も多いため一つだけ知っておきましょう。それは総量規制の対象外であることです。総量規制とは年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないことです。また、銀行系カードローンでも債務整理は可能となっています。

 

 

メディアでは銀行系カードローンの方が悪質などといわれるようなことも度々あり、社会問題となっています。ただ悪質といわれながらも法律を遵守しながらお金を貸し付けているため借り手側の知識も必要だと個人的には考えています。

 

 

  • 利息制限法内の利率なので元金が減らない
  • 銀行と借り手の間に保証会社が入るため債務整理をする場合は保証会社とやり取りをする
  • 銀行預金口座が凍結されるためかなり不便になる

 

 

上記は銀行系カードローンの一般的なデメリットになります。まずグレーゾーンなどではないため過払いになることが殆どありません。利息制限法を越える設定はしておらず、超過利息を理由に元金が減ることがありません。

 

 

また、銀行は保証会社を間に入れているケースが殆どのため、債務者は返済が遅延してしまうと保証会社とのやり取りになる場合が殆どです。このあたりは少し複雑な関係になりますが、銀行は損失を出したくないため保証会社を間に入れているというニワンスでよいと思います。

 

 

預金口座(借入口座)がメイン口座となっている方は特に気をつけておかなければならないことがあります。それは預金口座が凍結されてしまうことです。お金が入っていれば引出すことができません。また給与が振り込みされる口座であれば、その給与も引出せません。逆に引き落としもできないため、即生活に影響が出ます。銀行系カードローンを活用されている方はこのようなデメリットが存在するため知っておきましょう。