弁護士費用を抑えるなら専門弁護士に相談した方が得です。

弁護士費用っていくら?知ることで納得できます。

自己破産の弁護士費用は事務所によってバラつきがあります。

自己破産の弁護士費用は、事務所によってバラバラです。債務整理が得意ではない企業に頼んだ場合は予想以上の費用を請求されるケースもあります。

 

 

弁護士と言っても仕事の内容は様々なので債務整理に強い弁護士事務所を見つけるようにしてください。また相談だけならいいだろうと思い近くに足を運んだとしても、相談時間によりお金を請求されますので何処にでも相談をしてよいわけではありません。気をつけてください。

 

 

経験が少ない弁護士事務所では作業の組立てがうまくいかない場合もあり、必要以上に時間と費用が掛かる場合があります。

 

 

弁護士事務所と相談内容で報酬がかなり変わりますが参考金額は下記です。

  • 実費+着手金で20万円〜40万円程度かかります。
  • 免責が裁判所により認められた場合の報酬として20万円〜40万円が更にかかります。

 

 

裁判所にかかる費用(予納金等)

収入印紙代 1,500円
切手代(予納郵券代) 3,000円〜15,000円 (借入先の数により違います)
予納金

 

■ 予納金とは裁判所判断により債務者が負担する管財費用の事です弁護士費用とは別物です

10,000円〜30,000円 同時廃止の予納金
最低20万円 小額管財人事件の予納金 
最低50万円 管財事件の予納金

※個人の場合は最低金額の予納金となります

 

 

※自己破産にかかる費用は弁護士費用が20万円〜40万円程度、裁判所申立てにかかる費用が3万円程度となります

 

 

弁護士に自己破産処理を頼んでも自己破産できない場合があります

全ての方が自己破産できるとは限りません。裁判所からの免責が下りなければ債務整理どころか、費用ばかりがかかる結果を招いてしまいます。もちろん弁護士費用は支払わなければいけない為に災厄の事も考えられます。

 

 

だから弁護士選びをまずしなければいけないのです。弁護士に仲介してもらうには着手金などの初期費用が必要になりますが、金銭的に弱っている方はそのお金が中々出せません。しかし債務整理に強い企業でありながら、相談無料で支払いの分割も対応してくれる企業があります。相談をするにもお金が必要なのですが、何度相談をしても無料という企業はあまりありません。

 

 

「そうや法律事務所」という企業なのですが全国に対応しており受付けは365日できます。相談が何度でも無料なのは本当に助かります。相談だけでも受付けてくれますので自己破産などの債務整理を検討しているのであれば文句無しにお勧めできる企業です。

 

 

弁護士に債務整理を依頼しなくても自分でできる。費用面でメリットあり

弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると費用が一定額かかります。その費用がなく債務整理を断念される方がいますが、実は自分でも自己破産などの債務整理は可能です。

 

 

ただし、知識がなければ自己破産できないばかりか、費用も多少かかるためお勧めはできません。弁護士費用の相場でまず支払うのは「着手金」になります。この費用は、初期費用という認識で構いません。また、着手金はその場で支払わずに任意契約後に送金することが一般的です。途中で依頼を解約してもお金は戻ってこないため注意しましょう。

 

 

その他にも「成功報酬」と言って、債務整理の結果に対して費用を支払います。上記でも書いていますが、実費と着手金を合わせて20万円〜40万円となっているのは、この成功報酬による値幅が大きいからです。

 

 

弁護士費用,自己破産,無料弁護士

 

 

自分で自己破産をする場合は裁判所に書類を貰いに行きます。頂いた書類には書き方などが記されているため自分で書くことが可能です。その他には、借り入れている金融機関の明細などが必要になります。

 

 

書き方がわからない項目が出てきますが、自分で乗り切るしかありません。また、自分だけの借金であれば自分が頑張ればよいのですが、親や子供が絡んでいる場合は、揃えなければいけない書類が増えます。

 

 

もちろん、収入印紙代や予納郵券代、予納金や裁判所などへの交通費は自分もちになります。教えてくれる方は基本的にいないため自分で情報を集めて実行しなければなりません。裁判所の受付でわかることは教えて頂けますが、細かいことまではなかなか教えていただけないでしょう。

 

 

ギャンブルや浪費などの借金だと、自分で自己破産(債務整理)はしないほうが得策です。ギャンブルなどでも自己破産はできますが、理由が大事になるため自己破産を行っても同じことを繰り返すような方には免責許可が下りません。費用は発生しますが、できるだけ弁護士に依頼するほうが得策です。自信がある方は自分で裁判所で書類をいただいてみましょう。

司法書士に自己破産を頼むとどうなるのか?本当の理由

司法書士に自己破産を頼む方もいますが、実はメリットとデメリットがあります。双方とも同じ手順で自己破産を進めることができるため差がないように思われがちですが、実は大きな違いがあります。また、この違いにより依頼した方の手間も変わってくるためよく理解をしておきましょう。

 

 

弁護士費用っていくら?知ることで納得できます。

 

 

司法書士に自己破産を依頼する最大のメリットは料金です。概ね5万円程度、弁護士と料金の差があると思いますがそこに落とし穴的な要素が発生します。実は自己破産などで取り扱う金額には上限があり、司法書士の場合は140万円以下の業務と定められています。弁護士になると取扱い金額の上限はありません。

 

参考記事⇒ 債務整理は弁護士に依頼するのが鉄則です。司法書士や行政書士と何が違うの?

 

 

司法書士の誰もが債務整理をできる訳ではなく、法務省で一定の研修・考査を受けた認定司法書士だけが認められています。さらに法的業務が発生した場合に司法書士では対応ができないため、あらかじめ弁護士を選択しておくと安心できます。料金の差こそありますが、司法書士は行政介入が許されておらず弁護士とは大きな差があります。

 

 

また、債務(借金)が少ない方は自己破産をするメリットが見出せないため自己破産をしないほうがよいと思います。よく言われるのは100万円以下は自己破産を見送るほうがよいといわれています。その場合、自己破産ではなく別の債務整理を考えればよいと思います。
※既に支払えないのであれば弁護士に相談し、即返済を止めてもらいましょう

 

 

知り合いの司法書士であれば料金などは発生しないと思いますが、相談基本料金の平均は1時間3,000円〜5,000円の税別料金が多いと思います。解決方法やアドバイスを頂くために、飛び込みで事務所を訪問すると思わぬ出費になるためよく考えて行動をしましょう。

 

 

もちろん弁護士になると基本料金は増える傾向にあります。下記にご用意している企業は相談料が無料で、債務整理を得意としている企業のため迅速な対応が可能だと思われます。

 

 

司法書士と弁護士の「国家資格の差」がこのようなことに関係があり、対応できる範囲がだいぶ異なります。弁護士は債務整理を依頼した方の「代理人」になることができますし、裁判官の質問にも本人の代わりに答えることが可能です。司法書士は裁判所に提出する書類作成が基本的な仕事になり、代理人などにもなれません。不安な方は弁護士への依頼を行いましょう。

 

 

相談費用が無料!

弁護士に相談しただけで通常は費用がかかるのですが、何度相談しても無料の弁護士事務所があります。
それは、そうや法律事務所です。

 

弁護士費用,自己破産,無料弁護士

  • 24時間受付OKで全国に対応している弁護士事務所
  • 相談料が無料(電話・メール受付可能)
  • 債務整理に強い企業なので迅速に対応可能
  • 実績豊富で粘り強い交渉ができ有利な解決が出来る
  • 成果報酬は分割で支払うことが可能(手持ちの費用が無くてもOK)
  • 費用や料金が明確に表記されている
  • 初期費用は0円で即日対応も可能

 

 

▼ そうや法律事務所の問い合わせ窓口

 

フリーダイヤル: 0120-467-018

 

公式ウェブサイトで詳細を確認: そうや法律事務所

 

※本人以外からの借金相談や個人間の借金などについては基本的に債務整理対象外です。
ご本人様が納得するまでしっかりと説明をし進捗状況の連絡もこまめに行います。
お電話がつながりにくい場合は、2分〜3分程時間を空けて再度お問い合わせください。