借金の取立てに悩まず相談をしてください

借金の取立てに悩んでいるなら即相談です

借金の取り立てに悩むなら即相談しましょう

借金の取り立て行為は、正当な理由がない限り禁止されています。

 

借金をしてしまい返済が遅れがちになってしまうと、業者から連絡が来るようになります。
ましてや悪質な業者の場合はかなり酷い場合がありますが、ある程度大手の業者であれば返済について
相談に乗ってくれます。正直に話すことをお勧め致します。

 

 

借金の取立てに悩んでいるなら即相談です

 

 

しかし、返済できるような金額でない場合は自己破産も視野に入れて弁護士に相談してください。
手元にお金が無く、生活もままならない場合は検討されたほうが良いかもしれません。
借金を踏倒そうとしても踏倒すことは殆ど出来ず、現実を知ってください。
参考記事⇒ 借金の踏み倒しは本当に有効な方法なのでしょうか? 

 

 

借金の取り立ては法に基づいて行わなければいけません。
貸金業者の取立てで悩まれていると言うことは、大手の貸金業者ではなく少々危ない方面の
消費者金融などから借り入れている場合が多いと思われますが、借金でいつまでも悩んでいるの
であれば相当な精神的苦痛を伴っていると思われますので、自分自身も不安定だと考えてよいと思います。

 

 

いつまでも自分一人で考えていても何も解決することは出来ませんので、法的手段を使って
問題を解決されてください。解決する策は必ずあります。
借金催促通知などをそのままにしていると、貸金業者も金額によっては給与差し押さえなどをしてきます。
裁判所からの通知書を無視したので自業自得だと思いますが、額によっては自己破産を検討されたほうが良いでしょう。
また別の記事に借金の時効は5年についても参考になるかと思います。

借金の取立てにもルールがある

お金を貸した側にも借金の取り立てルールがあります
※貸金業規制法21条第1項の取立時の禁止行為

 

 

借金の取立てに悩んでいるなら即相談です

 

 

これを守らないと法を犯したことになり警察沙汰になる場合もあり最近では行われない傾向に
ありますが、お金を借りる場所(業者)によりいまだに守られていない場合があります。
そもそもお金を返せない側の問題がある事もお忘れなく。

 

  • 脅迫や嫌がらせによる取立て行為
  • 勤務先への電話やファックスを正当な理由が無いのに行う
  • 債務者等の住居や会社を訪問する事
  • 債務者の個人情報を回りに口外する行為
  • 他の金融機関から借り入れて返済をさせること(自転車操業など)
  • 保証人とは違う人から返済させようとする行為(親族や同居人など)
参考記事⇒ 自己破産の手続き期間は最短で3ヶ月程度

 

 

また債務者が弁護士などへ債務整理を依頼した後に貸金業者へ通知が行われます。
その通知が届いているにも関わらず嫌がらせや不当行為をすることも禁じられています。
上記の内容などに違反すると貸金業者は罰を受けることになりますので通常の
貸金業者では行われていません。

 

実際にはこの辺りに問題が発生する訳ですが・・・・
この辺りは債務整理専門の弁護士に相談をしておけばアドバイスなどを頂けます。

 

⇒ 弁護士法人サルート法律事務所は相談無料