借金の踏み倒しは通常不可能です。無理のない範囲で返済をした方が無難です。

借金の踏み倒しは有効な方法なのでしょうか?

借金の踏み倒しは本当に有効な手立てなのでしょうか?踏倒しで給与や財産は差し押さえされる

お金を借りたものの借金に負われ生活そのものが困難になっては元も子もありません。
そこで一般的に「ぶっちぎり」いわゆる借金の踏み倒しを行った場合、借金から逃げることが出来るのでしょうか?

 

 

借金の踏み倒しは有効な方法なのでしょうか?

 

 

借金に苦しんでいる人ならば一度は考えた事がある「借金の踏倒し」ですが、結論的に何もよい事はありません。
自滅に追い込むだけです。
返済を怠ると、まず消費者金融から電話やハガキがきます。
それでも無視をし続けると、職場への電話などがあり借りている業者によっては直接出向いて来る企業があります。
さらに無視し続けると、民事訴訟を起されてしまい裁判所の命令が出る事になります。
そうなってしまうと財産や給与が差し押さえられてしまい、人として生活が出来ません。
社会的地位も失うことになりかねません。

 

 

また借金の時効を狙った夜逃げなどがありますが、これも自滅になる一方ですので考え直してください。
※下記に参考になる記事を作りましたので、返済に悩まれている方は参考までに読んでください

 

@ 借金の時効は5年だけど時効の中断と言う方法があり逃げ切れない
A 夜逃げをして借金取りから逃げても生活は改善できない

 

 

借金の時効を狙うよりも、普通に返済する事の方がはるかに楽だと思います。
また自己破産をする場合についても自己破産ができたならば人として生活していくことが出来ます。
やり直せるチャンスがそこにあります。
巷では名前を変えたら借金がチャラになるなどと言っている方もいるようですが、それは嘘です!!!
世の中はそんなに甘くありません。ただヨーロッパでは名前を変えるとクレジットが使えたりします。
しかし日本にいる限りそれは認められませんし、場合によっては詐欺罪や罪に問われることがありますのでこれもNGです。唯一合法的に借金を踏倒すとすれば、自己破産以外には無いのです。

 

 

余談になりますが、テレビなどで昼夜を問わず借金取りが来る場面などがあります。
あれを金融業者が行う事は法律で禁止されています。
ただ差し押さえになってしまった場合は強制的にあらゆるものが持っていかれます。
そう考えるとまだ資金的余力があるときに自己破産をした方が現実的に良い結果が待っているのではないでしょうか。
財産がある場合などはしっかりと考えて行動を起しましょう。

 

⇒ 自己破産の仕方はこちらのページへ