自己破産よりも財産はそのままでよい任意整理を考えてみましょう

任意整理とは借金の負担額を減らす方法

任意整理とは3年を目安に借金を返済できることが基本条件としてあります。

任意整理とは自己破産と違い借金全額の免責から逃れられるわけではありません。
借金は完済しなければいけませんが、財産などを保有している方にはメリットが高い債務整理となります。

 

 

任意整理とは借金の負担額を減らす方法

 

 

過去に違法な金利を支払っており、本来返済すべき金額との差額が生じている場合に相殺・減額をするように
弁護士が金融業者(貸金業者)に交渉します。
裁判所を通さずに交渉が可能なので自分で行うことも可能とはなっていますが、非常に難しいので通常は弁護士に
より解決する道を探ります。
任意整理は通常3年程度を目安として借金の返済を行います。
その条件には、給与などの定期的な収入がある事が最低条件になります。
複数の借入金がある場合にも一括して任意整理を進めることが可能ですが、反対に返済が困難な借金だけを
整理する事も可能です。
裁判所を通さずに弁護士が直接的に交渉をするので自由度が高い債務整理となっています。

 

 

借金返済はやはく行わないと、金利や利子と言ったものが付いてしまいますので逆に支払いが増えてしまいます。
専門業者に入ってもらうことで最善の解決方法を見出してください。
弁護士に依頼すると法外な金利算出もすぐに解ります。

 

 

任意整理のデメリットとメリットは?

任意整理が成立した場合は、データベース基の信用情報機関に連絡が行きます。
いわいるブラックリストと呼ばれるものです。これにより新規借り入れやクレジットカード、ローンなどを組むことが
できません。一般的に5年間はブラックリスト入りになりますが、5年間の間に特に大きな買い物をする必要が無い
方は問題がありまあせん。自己破産に比べて敷居の比較的低い債務整理の方法です。

 

 

  • 任意整理では裁判所などを通さないため貸金業者が応じない場合があります
  • 個人が掛け合った場合などは成功する可能性がほぼありません。そこで債務整理のプロが必要になります
  • 貸金業者が示談に応じない場合でも、債務整理の専門であれば粘り強い交渉が可能となり和解の道を見つけ出せます
  • 和解成立まで返済がストップし、官報にも掲載されないためメリットが非常に高い債務整理なのです

 

 

任意整理後に気をつけることがある

任意整理後に気をつけなければならない事は返済を遅れないようにすることです。
万が一遅れることが事前に解るのであれば、早めに弁護士や借入れ業者への連絡をするべきです。
原則2回以上の滞納は弁護士に辞任されてしまうケースがあり、特に気をつけるべき事になります。

 

 

任意整理は3年を目安として借金返済をしますので、3年で返せない額に達しているのであれば個人再生や
自己破産を検討したほうがよいと思われます。
個人の判断では無く弁護士の意見を取り入れた判断が必要になります。絶対に嘘は言わずありのままを伝えましょう。

 

 

相談費用が無料!

弁護士に相談しただけで通常は費用がかかるのですが、何度相談しても無料の弁護士事務所があります。
それは弁護士法人サルート法律事務所です。

 

借金完済,無料弁護士,任意整理

  • 24時間受付OKで全国に対応している弁護士事務所
  • 相談料が無料(電話・メール受付可能)
  • 債務整理専門企業で迅速に対応可能
  • 実績豊富で粘り強い交渉ができ有利な解決が出来る
  • 成果報酬は分割で支払うことが可能(手持ちの費用が無くてもOK)
  • 費用や料金が明確に表記されている
  • 初期費用は0円で即日対も応可能

 

 

▼ 弁護士法人サルート法律事務所の問い合わせ窓口

 

フリーダイヤル: 0120-314-680

 

公式ウェブサイトで詳細を確認: 弁護士法人サルート法律事務所公式サイト

 

※本人以外からの借金相談や個人間の借金などについては債務整理対象外です。
女性スタッフによる対応なのでお気軽にご相談ください。
お電話がつながりにくい場合は、2分〜3分程時間を空けて再度お問い合わせください。